淋病の感染経路

カップル

淋病の感染経路はいくつかありますが、その殆どがセックスです。淋菌自体の感染力は強いのですが、粘膜から離れてしまうと急激にその感染力が低下してしまうことから、セックス以外での感染ケースというのが稀なのです。

ですが、便器やタオルなどに粘液が付着し、そこから感染してしまうというケースもゼロではありません。

基本的な感染経路がセックスによる粘膜の接触ですから、コンドームの装着によってほぼ防ぐことが出来ます。

しかし、それはあくまでも性器への感染に限った話です。

性器以外への感染予防

淋病は、咽頭へも感染するのでオーラルセックスの際にもコンドームの装着は非常に重要になっています。

特に咽頭に感染しているケースでは、自覚症状も乏しく淋病であるということが自覚出来ないのも珍しくないので、相手も自分も気が付かないうちに淋病を移されてしまうというような事も有り得ます。

しかし、そうした可能性も全てコンドームの装着によって限りなくゼロに近づけることが出来る様になります。

便座やタオルなどからの感染は、稀なので、そこまで大きく気にする必要は全くありません。

しかし、ゼロではないので、そうした部分にも気を配ることで、淋病の感染は簡単に防ぐことが出来るようになっています。

クラビット・ジェネリック

クラビット・ジェネリック

価格:250mg×20錠→1,800円

クラミジアや淋病の治療薬クラビットのジェネリック医薬品です。 服用から1週間程度で症状は治まります。

クラビット・ジェネリックの詳細を見る

【淋病の関連記事】

淋病の症状

淋病の感染経路

淋病の潜伏期間

淋病の検査

淋病の予防方法

淋病の治療方法と治療薬