クラミジアの感染経路

検査する医者

性病の中でも特に多くの人が感染している「性器クラミジア感染症」。この性器クラミジア感染症の感染経路はそこまで多くありません。

 

沢山の感染経路があれば多くの人が感染しているのにも納得できますが、感染経路が限られているのに多くの人が悩んでいるのです。

 

感染経路のメインは性行為によるものです。

 

どこかに菌が付着し、そこから感染するというようなケースもまずありません。100%近い割合が性行為による感染です。

クラミジアが感染する箇所は限られて居ます。性器、喉、直腸などの粘膜に感染するため、セックスでは性器から性器へと感染し、オーラルセックスの場合は性器から喉、アナルセックスでは性器から直腸へと感染するのです。

咽頭クラミジアは自覚症状がない

医者

もちろん逆の場合でも感染します。咽頭クラミジア感染者がオーラルセックスによってクラミジアを感染させてしまう事も珍しくありません。

 

稀なケースを上げると口から口への感染です。可能性としては非常に低いものの咽頭クラミジアがキスやディープキスで感染することもあるのです。

 

また、この咽頭クラミジアについても自覚症状がほとんどないという特徴があるため、女性が気づかないうちに咽頭クラミジアに感染し、自覚がないままクラミジアの感染源となってしまっているというケースもあるわけです。

 

そして、クラミジアに感染した女性が出産をした場合には、新生児にもクラミジアが産道感染するという事があるため、検査や早期治療が大切なのです

性行為以外でもクラミジアは感染します

性行為以外で発症するケースとして、元々体内にクラミジア菌を持っている方がいたり、以前に知らない間に感染してしまっていた方などもいます。

 

そのため、必ずしも誰かにうつされたり、パートナーが浮気をしたから感染しただけではなく、免疫力が低下している時期に、たまたま発症してしまう事もあるのです。

この記事を読んで頂いた方で、ご心配の方がいらっしゃいましたら、是非、抗原を調べる検査を推奨致します。

 

抗原を調べる検査は、発症していなくても体内にクラミジア菌があるのか調査できるので、パートナーと事前に予防などに取り組め、信頼関係を失う事も防げます。

やはり、自覚症状がない人が大半を占めるので、知らない間にパートナーへ感染してしまいます。これがクラミジア感染症が蔓延する一番の要因です。

 

大切なパートナーを互いに性感染症から守るためにも、少しでも異変があれば、すぐに医師へ相談するか、薬の服用を心がけてください。

アジー

アジー

淋病やクラミジアの治療薬。フルコナゾールで真菌(カビ)の増殖を抑えます。

アジーを購入する

【クラミジアの関連記事】

クラミジアの症状

クラミジアの感染経路

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの検査

クラミジアの予防方法

クラミジアの治療方法と治療薬

クラミジアと不妊の因果関係