カンジダは圧倒的に女性患者の多い性感染症

目次

カンジダの症状

カンジダの感染経路

カンジダの潜伏期間

カンジダの検査

カンジダの予防方法

カンジダの治療方法と治療薬

カンジダの体験談

カンジダ症とは?

相談する女性達

性病と聞くと、男性に多いイメージではありますが女性の方が多い性感染症ももちろん存在しています。

その感染症の1つとなっているのが「性器カンジダ症」です。性器カンジダ症は、カンジダと呼ばれる真菌によって発症する性感染症の1つで特に女性に多いため、膣カンジダ症と呼ばれる事もあります。

人の体には、様々な常在菌と呼ばれる種類の菌が存在しています。ビフィズス菌等のいわゆる善玉菌と呼ばれるようなタイプの菌もあれば、悪玉菌と呼ばれるような、人にとって有害となる菌も存在しています。

ですが、そうした悪玉菌と呼ばれるタイプの常在菌であっても、人の免疫作用によって過度の増殖が防がれ大きな悪影響を及ぼすというようなことはありません。しかし

体調不良等によって、体力や免疫力が低下する事によって増殖を防ぐ事が出来ずに、様々な症状が発生してしまうのです。

フォルカン

フォルカン

カンジダや水虫症などの治療薬。フルコナゾールで真菌(カビ)の増殖を抑えます。

フォルカンを購入する

性交経験のない女性であっても感染の可能性

女性と女児

そのため、この性器カンジダ症は性交経験のない女性であっても感染してしまう可能性がある性感染症の一つとなっています。

女性に多い性感染症であり、性行為によって男性に感染するというケースも珍しくありません。しかし、男性がこの性器カンジダ症になる可能性は極めて低くなっています。

なぜ男性が女性よりも性器カンジダ症になりづらいのか?その理由は、性器の構造上の違いです。男性器は体外に突出しており、通気性も悪くありません。そのため、性器は湿度が低くなっており真菌の繁殖環境としてはあまり適していないのです。

女性器の場合は男性とは真逆の構造をしており、膣内は湿度が高いため真菌の増殖に適した環境となっているのです。

そのため、男性よりもカンジダが増殖しやすい女性に多い性感染症となっているわけです。

【カンジダの関連記事】

カンジダの症状

カンジダの感染経路

カンジダの潜伏期間

カンジダの検査

カンジダの予防方法

カンジダの治療方法と治療薬

カンジダの体験談