トリコモナスの潜伏期間

研究

トリコモナスに感染したとしても、感染後即座に様々な症状があらわれるという事はありません。

トリコモナス症の症状は、トリコモナスによって感染部位の環境に影響を及ぼすためです。

健康な女性の膣内では、乳酸菌による自浄作用が働いており悪玉菌と呼ばれる最近の繁殖を抑制しています。

しかし、トリコモナスに感染する事によって膣内環境が大きく変化するのです。

膣内環境の変化によって膣内の自浄作用が失われ悪玉菌が繁殖します。

その結果、臭いの強い泡だった黄色いおりものや性器や膣内の強いかゆみといった特徴的な症状があらわれるのです。

ですから、トリコモナスに感染した場合、すぐに症状があらわれるということはありません。

感染経路と感染のタイミングの特定が難しい

トリコモナスに感染後、膣内環境が変化し自覚症状があらわれるまでの期間は個人差がありますが10日程度といわれています。

また、便座や浴室など、性行為以外で感染するケースもあることから、感染源の特定が非常に難しい場合もあるのです。

トリコモナスの潜伏期間と、他の性病の潜伏期間を比べると、数日で発症するヘルペスやカンジダよりも長く、その他の性病よりは短くなっていますので、潜伏期間という面ではそこまで長くもありません。

ファシジン

ファシジン

トリコモナスの治療薬。チニダゾールが原虫の核酸合成を抑制し発育を抑えます。

ファシジンを購入する

【トリコモナスの関連記事】

トリコモナスの症状

トリコモナスの感染経路

トリコモナスの潜伏期間

トリコモナスの検査

トリコモナスの予防方法

トリコモナスの治療方法と治療薬