梅毒の症状

梅毒は症状と期間に合わせて4期に分けられています。

基本的には発症後しばらくすると症状が治まります。そして、一定期間を置いて再度症状が現れるといったことを繰り返します。

中にはまったく症状がでない方もおり、こういった方が梅毒への感染に気が付かないまま、感染を広げてしまうというケースがあります。

梅毒セルフテストキット

梅毒セルフテストキット

価格:1箱→1,900円

梅毒は放置すると非常に危険です。こちらの検査セットは自宅で簡単に検査することができます。

梅毒セルフテストキットの詳細を見る

感染した部分(生殖器や肛門、口の周り)に1cm程度の赤いシコリができます。

その後、そのシコリはわずかに硬さを増しますが痛みなどもほとんど無く発症から3週間ほどで消えてしまいます。

そのため、これが梅毒の症状である、ということを知らない方は感染に気が付かず、消えた後は気にしなくなる方も少なくありません。男性よりも女性の方が気付きにくい、ということもあるようです。

しかし、症状が消えたからと行って梅毒が治ったわけではありません。この間にリンパ節に侵入し増殖を続け、第2期を迎えてしまいます。

第2期:感染から3週間~2年

医者と恥ずかしがる患者

梅毒性バラ疹と呼ばれるバラの花びらをばらまいたような湿疹が全身に現れます。この症状は梅毒の名前の由来にもなっている楊梅(ヤマモモ)に似ていることから楊梅瘡(ようばいそう)と呼ばれることもあります。

中には白い斑点が粘膜部分に現れることもあり、様々な湿疹が全身に出ます。

他にも発熱や頭痛、倦怠感など風邪のような症状や抜けが増える、といった症状も引き起こされます。

感染力が強い時期でもあるので、このような症状が現れている方のとの性行為は非常に危険と言えるでしょう。

この第2期は特徴的な症状が出るため、この段階で感染に気付き検査や治療を受けるケースが多く、後述する第3期、第4期まで進行するケースは稀です。

第3期:感染から3年以上

病原体は全身に広がり、全身には「ゴム腫」と呼ばれるしこりができ、このしこりが崩れることで「結節性梅毒」という症状が引き起こされます。

「梅毒にかかると鼻が落ちる」という話がありますが、これは上記のしこりが鼻の頭にでき、それが崩れてしまった状態のことを指していると考えられます。

第3期、第4期は後期梅毒とも言われ完治させることができない場合もあると言われています。

第4期:感染から10年以上が経過

医者

脊髄や脳、心臓など深刻な症状を引き起こします。
脊髄であれば下半身の麻痺や激しい痛みによる歩行困難など症状。

脳であれば、重度の言語障害や痴呆などの症状が現われ、この状態のことを梅脳とも呼びます。

心臓や心臓に繋がる血管に感染すると心不全や胸痛などが起こり最悪の場合死に至ることもあります。

上記のように第4期まで進行してしまうと取り返しのつかない事態を招きかねません。
現在は第2期で治療を開始される方が多いため、ここまで症状が進んだ方はほとんどいないと言っても良いほどです。

しかし、梅毒は治療を怠った場合はこれほどのリスクを背負うということを知っておきましょう。

梅毒セルフテストキット

梅毒セルフテストキット

価格:1箱→1,900円

梅毒は放置すると非常に危険です。こちらの検査セットは自宅で簡単に検査することができます。

梅毒セルフテストキットの詳細を見る

【梅毒の関連記事】

梅毒の症状

梅毒の感染経路

梅毒の潜伏期間

梅毒の検査

梅毒の予防方法

梅毒の治療方法と治療薬