梅毒の予防方法

研究

感染経路の大半はオーラルセックスを含む、性行為です。

このことから、梅毒を予防するためには不特定多数や感染の予兆のある相手との性的な接触を避けるのが最も効果的だと考えられます。

コンドームでも予防効果はありますがコンドーム覆われていない皮膚から感染する、という可能性があります。そのため、コンドームを使用していれば絶対に感染しないということはないため、過信しないようにしましょう。

母子感染に関しても同様でそれでも心配な場合は再度検査を受けて赤ちゃんに感染させないように細心の注意を払いましょう。

赤ちゃんが梅毒に感染したした場合は重篤な症状が現れる可能性もあります。

しかし、検査により梅毒の感染が発覚した場合はすぐに抗生物質による適切な治療が行われるため、赤ちゃんに感染することはほとんどありません。

梅毒セルフテストキット

梅毒セルフテストキット

価格:1箱→1,900円

梅毒は放置すると非常に危険です。こちらの検査セットは自宅で簡単に検査することができます。

梅毒セルフテストキットの詳細を見る

【梅毒の関連記事】

梅毒の症状

梅毒の感染経路

梅毒の潜伏期間

梅毒の検査

梅毒の予防方法

梅毒の治療方法と治療薬