ヘルペスの潜伏期間

医者と恥ずかしがる患者

強い痛みと発熱などの症状に悩まされる事になる性器ヘルペス。

ヘルペスウイルスに感染する事によって、発症するこの病気は感染した途端にすぐに症状が現れるというようなことはなく一定の潜伏期間の後、発症します。

初感染の場合だと、潜伏期間は2日から10日と人によって発症までの潜伏期間には差があります。

治療によって治ったとしても、再発する可能性は他の性病に比べると比較的高くなっているため、長くこの病気と付き合って行く必要があります。

性器ヘルペスは再発率が非常に高い

免疫

性器ヘルペスの再発率が高い最大の要因は潜伏感染するためです。潜伏感染とは、ヘルペスウイルスが神経節と呼ばれる場所に潜伏し、潜伏中は治療薬の効果も及ばず体調不良等によって免疫力が低下したタイミングで再びウイルスが活性化し再発します。

性器ヘルペスは一度感染してしまうと、治療と再発を繰り返すため精神的なストレスが非常に大きな病気となっています。

ただ、再発した時の症状は初めて感染した時に比べると軽いものとなるので、強い痛みや発熱を繰り返すというようなことはありません。

健康的な生活を心がけるだけで再発の可能性を大きく引き下げることも出来るため、あまり悩まないようにすることも重要です。

バルシビル

バルシビル

ヘルペスの治療や予防の効果があります。口内や口唇、性器ヘルペスそれぞれに対して有効です。特に発症初期は高い効果を発揮します

バルシビルを購入する

【ヘルペスの関連記事】

ヘルペスの症状

ヘルペスの感染経路

ヘルペスの潜伏期間

ヘルペスの検査

ヘルペスの予防方法

ヘルペスの治療方法と治療薬

口唇ヘルペス

ヘルペスの体験談