ヘルペスの検査

ヘルペス感染の疑いがあるときは

doctor4

男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科での受診が一般的です。皮膚科や性病科でも問題ないでしょう。

血液や患部の皮膚を採取して行う検査もありますが、ヘルペスウィルスは一度感染してしまうと体内から完全に消すことができません。そのため、血液検査では陽性反応が出た場合はいつ感染したか特定することができず、完全な検査とは言えません。

病院へ行くのが恥ずかしい、怖いといった気持ちもあるとは思いますが、性器ヘルペスに限らず検査や治療は早めに行くようにしましょう。

潜伏期間中や患部がない状態で検査は不可

患部の皮膚を採取する検査に関しては患部からヘルペスウィルスが見つかった場合は感染していると判断できます。

しかし、この検査は発症後の水ぶくれなどから検体を採取する必要があるため、潜伏期間中や患部がない状態では検査を行うことはできません。

バルシビル

バルシビル

ヘルペスの治療や予防の効果があります。口内や口唇、性器ヘルペスそれぞれに対して有効です。特に発症初期は高い効果を発揮します

バルシビルを購入する

【ヘルペスの関連記事】

ヘルペスの症状

ヘルペスの感染経路

ヘルペスの潜伏期間

ヘルペスの検査

ヘルペスの予防方法

ヘルペスの治療方法と治療薬

口唇ヘルペス

ヘルペスの体験談