ヘルペスは非常に多くの人が感染している脅威のウィルス

目次

ヘルペスの症状

ヘルペスの感染経路

ヘルペスの潜伏期間

ヘルペスの検査

ヘルペスの予防方法

ヘルペスの治療方法と治療薬

口唇ヘルペスについて

ヘルペスの体験談

ヘルペスウイルスに感染している人は多い

doctor6

「ヘルペス」というと、いわゆる性感染症である「性器ヘルペス」を想像する人が多いと思います。ですが、「口唇ヘルペス」をはじめとして、「帯状疱疹」であったり、「水疱瘡」などもヘルペスなのです。

水疱瘡や帯状疱疹に悩む人というのは、そこまで多いという印象はないかもしれません。ですが、「性器ヘルペス」の原因となるヘルペスウイルスに感染している人の数と言うのは非常に多いのです。

予防が非常に困難な性感染症の1つであるからこそ、感染してしまった場合の対策について把握しておくことは有益であるといえるのです。

ヘルペスは治らない病気ではありません。ただ根治は非常に困難になるため、薬との付き合いを続けることは必要になってくるでしょう。

バルシビル

バルシビル

ヘルペスの治療や予防の効果があります。口内や口唇、性器ヘルペスそれぞれに対して有効です。特に発症初期は高い効果を発揮します

バルシビルを購入する

ヘルペスを知ることが第一歩

医者

そもそも「性器ヘルペス」とは一体何なのか?それを把握することが、予防や治療においてとても重要です。

ヘルペスと言うのはヘルペスウイルスが感染する事によって、発症する病気であり感染経路も多岐にわたります。

性器ヘルペスになると赤いぶつぶつが出来、やがて水ぶくれになり最終的に、水ぶくれが潰れて潰瘍となります。

痒みなどよりも強い痛みを感じるケースが多いのも特徴です。

女性でもかかるヘルペス

驚くナース

特に女性の場合はその痛みが強くなります。その上、初めて性器ヘルペスに感染したというケースでは、発熱や頭痛などといった風邪のような症状も伴って非常に辛いのです。

しかし、再発の場合は症状も軽い事が多くなるので深く考えないようにすることも大切です。

特に、性器ヘルペスに関しては、非常に多くの人が感染している性感染症の一つですし、無症状でも感染しているということは珍しくないのです。

現在では、ヘルペスに対して有効な治療薬は非常に多く、その中でも、ジェネリック医薬品の増加が著しくなっています。

バルシビル

バルシビル

ヘルペスの治療や予防の効果があります。口内や口唇、性器ヘルペスそれぞれに対して有効です。特に発症初期は高い効果を発揮します

バルシビルを購入する

日本における性器ヘルペス感染者数について

性器ヘルペスは平成20年まで患者数は減少傾向にありましたが、平成20年以降は大幅な減少はなく、患者数は年間72,000人前後と推定されています。

その中でも、男性は20代前半から30代後半にかけて患者数が増加し、女性は10代後半から20代後半にかけて患者数が増加しています。

そして、性器ヘルペスは全ての年代において女性の患者数が多いことから、女性がかかりやすい性病といえるのです。

グラフ

【ヘルペスの関連記事】

ヘルペスの症状

ヘルペスの原因(感染経路)

ヘルペスの潜伏期間

ヘルペスの検査

ヘルペスの予防方法

ヘルペスの治療方法と治療薬

口唇ヘルペスについて

ヘルペスの体験談