淋病の治療方法と治療薬

感染症

淋病の治療法は抗生剤の投与が基本となります。治療期間も1週間から2週間と非常に短い期間で完治を目指せるため、HIVなどのように感染してしまったら、治らないというようなことはありません。

ですから、感染が発覚した場合には、すみやかに治療を行うことが非常に重要になっているのです。

しかし、淋病の治療に役立つ抗生剤については、注意が必要になります。現在では、様々な抗生剤に対する耐性を持つ耐性菌が登場しています。

ですから、抗生剤を購入して淋病治療を行う場合には、淋菌の持つ耐性を考慮する必要があるのです。

実際に使用されている抗生剤

淋菌治療に利用される抗生剤は国によって傾向も違っているので、確実に治療を行うには、日本で主流となっている抗生剤とは別に、海外で主流となっている抗生剤を活用することも重要となっています。

錠剤

日本で淋病治療に利用されているのは、クラビットなどのレボフロキサシン系の治療薬及び、ジスロマックなどのアジスロマイシン系の治療薬になります。

ですから、レボフロキサシン系、アジスロマイシン系以外の治療薬を活用することによって、より確実に淋病治療を進めることが出来ます。

特に現在、多く活用されているのがクラビットのジェネリック医薬品や、シプロックスです。

クラビット・ジェネリック

クラビット・ジェネリック

価格:250mg×20錠→1,800円

クラミジアや淋病の治療薬クラビットのジェネリック医薬品です。 服用から1週間程度で症状は治まります。

クラビット・ジェネリックの詳細を見る

淋病治療薬のクチコミ情報

クラビット・ジェネリック

man6

20代男性

淋病になってから、激烈な排尿痛に耐える毎日でしたけど、クラビットを飲んでからはウソのように痛みがなくなりました!トイレのたびに激烈な排尿痛に襲われるし、だからといってトイレに行かない事も出来ないので、本当に助かりました!

man7

20代男性

前に一度淋病になったことがあったんですけど、今回再びなってしまいました。その時治療にかかった料金よりも、診察を受ける恥ずかしさの方が大きかったんですが、二度目なのでクラビットのジェネリックを試してみました。効果的には特に変わることもなかったのに、診察もせずに手に入れられるし、価格も安いので非常にありがたいです。

シプロックス

man8

30代男性

クラビットでは効果を感じることが出来ませんでしたが、同様の効果を持つこちらのシプロックスであれば、すぐに効果を感じることが出来ました。治療薬を変えるだけでここまで大きな違いが出てくるのには、とてもビックリしましたけど、とても安心しました。

man9

20代男性

ナンパした子から、淋病もらっちゃって彼女とエッチも出来ずにどうしようと頭を抱えてたけど、シプロックスのおかげで、バレることなく治せました!病院に行ってるところを見られたりしてたら、やっぱりバレてたと思うから病院に行かずに買えるのは凄いメリットだよね。

【淋病の関連記事】

淋病の症状

淋病の感染経路

淋病の潜伏期間

淋病の検査

淋病の予防方法

淋病の治療方法と治療薬