淋病の症状

医者と恥ずかしがる患者

淋病に感染した場合、他の性病に比べて非常にわかりやすい自覚症状があらわれます。しかし、これの自覚症状に関しては男性だけであるため、女性の場合には注意が必要です。

男性の場合は、尿道より膿が排出される、排尿時の強い痛み、発熱などが代表的な症状になります。

女性の場合は、完全に無症状だったり、おりものが増えたりするという程度しか症状が出ないケースも珍しくありません。

そのため、女性が感染しているのに気が付かずに男性側に淋病が感染するケースもありますし、男性に淋病が感染したことから女性側の淋病感染が発覚する事もあるのです。

性器以外への感染について

また、淋病は性器の他に咽頭へ感染するケースもあります。

この咽頭への感染のケースでは、男女共に咽頭炎などが発症したりしますが、それでも自覚症状については、多少の痛みや発熱といった程度なので、風邪と勘違いしてしまうというようなことも珍しくありません。

また、見た目で感染が判断出来るというようなこともないので、適切な検査以外で淋病の感染が発覚するということは非常に珍しいのです。

だからこそ、少しでも疑わしいというような症状を感じたり、そうした行為があったというような場合には、適切に検査を受けて感染の有無を確認することが重要になるのです。

クラビット・ジェネリック

クラビット・ジェネリック

価格:250mg×20錠→1,800円

クラミジアや淋病の治療薬クラビットのジェネリック医薬品です。 服用から1週間程度で症状は治まります。

クラビット・ジェネリックの詳細を見る

【淋病の関連記事】

淋病の症状

淋病の感染経路

淋病の潜伏期間

淋病の検査

淋病の予防方法

淋病の治療方法と治療薬