尖圭コンジローマの治療方法と治療薬

doctor6

尖圭コンジローマの治療は大きく分けて3通りの方法があります。

1つ目は外科的な手術などで直接イボを取り除く方法。2つ目はお薬による治療です。そして、最後は自然治癒です。コンジローマに感染した人の2~3割は治療することなく完治した、ということもあるようです。ただし、症状が現れているにも関わらず、自然治癒に頼り治療などを一切行わないことを非常に危険です。症状が悪化し、完治までに時間とお金が余分にかかる可能性も高いです。ハッキリと症状が出ていなくとも、少しでも疑わしいと思ったら検査や治療を行うようにしましょう。

では、具体的な治療内容と必要なる費用などを紹介していきます。

凍結療法・・・イボとその周辺を液体窒素で凍らせてから取り除く方法です。医療現場では尖圭コンジローマの治療以外にも用いられています。この凍結療法の優れた点は広範囲に使用することが出来、再発したイボにも何度も使える点です。ただし、取り除く範囲などが不十分な場合は再発のおそれが高く、人によっては治療後に長く痛みを感じる方もおられるようです。

電気焼灼法・・・電気メスを用いてイボを焼き取る方法です。尖圭コンジローマの治療だけでなく、美容外科でホクロを取り除く際に使われている治療法です。この治療法は表面だけでなく皮膚の中まで除去するため、一時的ではありますが皮膚に跡やダメージを残す場合があります。局部麻酔を行ってから施術するため、施術中の痛みはありませんが、麻酔が切れた後で痛みを感じることがあります。

レーザー治療法・・・電気焼灼法と似ていますが、レーザーにて切除を行うため、切除後の傷も浅く、切除後の負担も小さく済みます。しかし、イボにレーザーを照射することでイボが拡散し、治療を行った周辺に移ってしまう可能性があります。そのため、電気焼灼法など他の治療を終えたあとの追加治療として用いられることが多いです。

外科的切除・・・リング鉗子と呼ばれる、はさみの先端にリングがついたような見た目の専用の器具で切除します。イボの深い層を含めて切除し、切除後は電気メスで患部周辺を焼くことで再発防止効果も高いです。イボが小さければ小さいほど、傷口が残る可能性が低く、綺麗に治ります。

病院によって異なりますが、外科的手術の場合は一回の治療にあたり2000~8000円、女性であれば高くなる場合もあるようです。
ただし、検査や初診代などが別途必要になる可能性もあります。更にお薬と並行しての治療になることもあります。

お薬による治療・・・患部となっている外性器や肛門周辺にクリーム状のお薬を塗り続けることで治療します。治療薬には免疫を作り、ウィルスの増殖を防ぐ効果を持っています。

ただし、お薬のため副作用が起こる可能性もあります。お薬を塗った部分の皮膚が、赤くなる、腫れる、ただれる、痛み、色素沈着などの症状が起こることがあります。重症化することは稀ですが、あまりにも症状が酷い、お薬の使用を止めても治まらない、など起こった場合は御医者さんに相談するようにしましょう。

尖圭コンジローマが完治するまで・・・

完治

尖圭コンジローマは非常に再発率の高い性病です。切除やお薬による治療を行っても30%もの人が再発してしまうと言われています。
そのため、一見イボや症状がなくなったとしても半年くらいは様子を見る必要があります。その間に再びイボが現れなければ完治したと考えても良いでしょう。

しかし、症状は現れなくても体内に尖圭コンジローマの原因となるウィルスが残っている場合は数年後に再発するというケースもあるようです。

尖圭コンジローマの治療薬の入手方法は?

doctor6

病院で処方してもらうことが一般的です。

しかし、性病であることやイボが出来る場所を考えると病院へ行くのは恥ずかしい、と考える方も多くおられると思います。完治に時間がかかる、ということもあり、近所に該当する病院がなければ時間や交通費などもかさばってしまいます。

そういった人たちの間で海外医薬品の通販サイトがよく使われています。処方箋不要で様々なお薬を購入できるため、病院に行く必要なども一切ありません。国内の通販サイト同様に簡単に使用できるためスマホでも利用できます。自宅届や郵便局留めを選べるサイトもあり、届いた荷持に内容の記載がないため、他人に気付かれる可能性も非常に低いです。

このように通販サイトは利用者にとって多くのメリットがあります。

医薬品を通販で購入しても大丈夫?

ネットで購入

日本の薬事法でも「個人で使用する分」であれば、個人で購入することは認められており違法性はありません。ただし、転売や譲渡、一度に大量に購入など「個人で使用する分」という部分に抵触した場合は違法となるため注意が必要です。

自由に購入することが出来る分、その購入や使用に関しては自己責任となっています。あくまでお薬なので自分の症状やそのお薬の副作用をしっかりと把握した上で購入するようにした方がいいでしょう。

海外医薬品通販サイトで購入可能な尖圭コンジローマの治療薬

アルダラクリーム

アルダラクリーム

アルダラクリームを患部に塗布することで、コンジローマ治療と予防の効果があります。

アルダラクリームを購入する

アルダラクリームの口コミ

man1

20代男性

最初はちっさな粒みたいなのが出来ているなー?なんだろなー?程度にしか考えていなかったのですが、日を追う毎に2~3ミリくらいに大きくなってくるし、数も増えてきたので「これはおかしい!」と思ってスマホで調べていると十中八九コンジローマだと思ったので、すぐにこのアルダラクリームを購入しました。塗りはじめて2ヶ月くらいで綺麗に消えてくれました(まだ治療が早かったおかげかも・・・!)。ツブツブが消えてから4ヶ月ほど経ちましたが再発の兆候は・・・なさそうです。このまま、完治してくれないとそれまでセックスできないのがつらいです(´・ω・`)

woman10

20代女性

これは病院で診てもらうのは恥ずかしい。いつ、誰に移されたのかはお恥ずかしい話ですがわかりません。アソコの周りに大きめのブツブツが何個も出来ていました・・・。性病に関する知識も周りから聞く話もあって多少はあったおかげですぐに尖圭コンジローマだと気付きました。完全に治ったと思ったら3ヶ月後くらいに再発してしまいました・・・(;_;)それからはまた同じようにアルダラクリームを塗り続けて、なんとか完治させました。病院に行くことなく治すことが出来て本当に良かったです。

【尖圭コンジローマの関連記事】

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマの潜伏期間

尖圭コンジローマの検査

尖圭コンジローマの予防方法

尖圭コンジローマの治療方法と治療薬