尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマに感染すると潜伏期間を経て、性器や肛門、その周辺部分にイボが現れます。尖圭コンジローマは男性・女性ともに現れる症状に違いはありません。

女性の場合は膣内や子宮頸部などに発症することもあります。これを治療せずに放置しておくと子宮頚癌になってしまう可能性があるため、尖圭コンジローマは男性よりも女性の方が注意すべき性病なのです。

イボの形状について

イボの形状は1つではなく、色や形が異なるいくつかの種類があります。

色に関しては、白、ピンク、褐色、黒色と様々な種類があります。形に関してはニワトリのトサカに似た「鶏冠状」や乳首の形に似た「乳頭状」、重症化するとカリフラワーのような形になることもあります。

アルダラクリーム

アルダラクリーム

アルダラクリームを患部に塗布することで、コンジローマ治療と予防の効果があります。

アルダラクリームを購入する

イボができる位置について

驚くナース

女性は大小陰唇や膣前庭など見てわかる部分にできる場合もありますが、膣内や子宮頸部など見えにくい部分にできることもあります。

男性は男性器の外側や包皮の部分、陰嚢などにできるため、女性に比べ気が付きやすいといえます。

肛門や尿道口にもできる場合があり、女性も男性も共通しています。

尖圭コンジローマの症状が進行すると・・・

医者と恥ずかしがる患者

コンジローマはイボが出来ますが、痛みやかゆみと言った自覚症状が起こることは稀です。症状が進行すると、イボが増える、イボから出血する、という事が起こり、そこで感染に気が付くというケースが多いようです。

男性の場合は男性器のイボが大きくなってしまうと、排尿や射精時が困難になるなど日常生活に支障をきたすおそれがあります。

女性の場合は先程述べたような子宮頚癌のリスクに加え、感染したまま妊娠した場合や妊娠中に感染してしまった場合は赤ちゃんに感染してしまうおそれがあります。その際は帝王切開など処置が必要となる場合もあるので早期発見、早期治療に努めましょう。

尖圭コンジローマの症状に似たフォアダイスについて

青ざめてる医者

フォアダイスとは男性器(陰茎部分やカリ首)にできるブツブツのことで、性病などといった病気の類ではありません。

成人男性の約7割に見られるもので、脂腺という皮膚の組織がブツブツ状に見えるだけで、基本的に害はありませんし、性行為などで女性に感染るといったこともありません。

しかし、あまりにも目立つようだと見た目や性病に感染していると疑われる、という問題から除去される方もいるようです。

尖圭コンジローマとフォアダイスの見分け方は、尖圭コンジローマは独特のイボの形状とイボの数が増えてくる、という2点です。

この2点に当てはまるようであれば尖圭コンジローマの可能性が高いため、検査などを受けるのが良いでしょう。

アルダラクリーム

アルダラクリーム

アルダラクリームを患部に塗布することで、コンジローマ治療と予防の効果があります。

アルダラクリームを購入する

【尖圭コンジローマの関連記事】

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマの潜伏期間

尖圭コンジローマの検査

尖圭コンジローマの予防方法

尖圭コンジローマの治療方法と治療薬