尖圭コンジローマの潜伏期間

尖圭コンジローマの潜伏期間は他の性病と比べると少し長く、実際にイボが確認できるまで1~2ヶ月、早い方であれば3週間以内、遅い方であれば8ヶ月程、潜伏したこともあるそうです。

医者と恥ずかしがる患者

そのことが感染源の特定を難しいものにしています。自覚症状も少ないことから、感染していることに気が付かないまま、性行為を重ね感染を広げてしまうことから、感染者数が減りにくいという特徴があります。

特に性行為を行う相手が多い方ほど、尖圭コンジローマの感染リスクが上がります。
また、気が付かない間に自らが感染源になってしまっている、というケースもあります。

自身の感染が発覚した場合はパートナーにそれらしい症状が現れていない場合であっても、包み隠さずに話して、治療に専念するようにしましょう。
この場合、パートナーにイボなどの症状が現れていないのであれば、検査の必要はありません。

【尖圭コンジローマの関連記事】

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマの潜伏期間

尖圭コンジローマの検査

尖圭コンジローマの予防方法

尖圭コンジローマの治療方法と治療薬