クラミジアの検査

研究

クラミジアの検査は、クリニックや診療所など医療機関で行うのが基本となっています。検査の方法は、尿やおりものの検査以外に血液検査などがあります。

検査方法はとても単純で血液検査であれば血液を採取して検査をし、尿検査は尿を採取、おりもの検査であればおりものを採取し検査するのが基本となります。喉の検査の場合は、喉の粘膜を綿棒などで採取したうえで、検査を行います。

検査結果が出るまでの期間については、検査の方法にもよりますが、3日から10日程度かかります。

ですから、検査したその日に結果が出るということはないので、検査を受けた後は気長に結果が出るのを待つ必要があります。

検査キットも販売

相談する女性達

また、性器及び咽頭に感染するクラミジアは様々な検査によって検出できるので、複数の検査を組み合わせて行う事も有効です。

これらの検査方法は医療機関に足を運ぶ必要があります。その上、検査を行う場所が場所ですから検査に対して抵抗感を感じる方も少なくありません。

現在ではクラミジアなどの検査を自宅で行えるような検査キットも販売されており、そうした検査キットを活用することで恥ずかしい思いをせずに、性器クラミジア感染症の検査を行えるようになっています。

クラミジア検査キット

Chlamydia_2

自宅で簡単にできて30分程度で結果がわかります。性行為の1~3週間後に性器から膿が出るなど違和感を感じたらクラミジアかもしれません。病院に行きたくない、行く時間が無い方へおすすめです!

【クラミジアの関連記事】

クラミジアの症状

クラミジアの感染経路

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの検査

クラミジアの予防方法

クラミジアの治療方法と治療薬

クラミジアと不妊の因果関係

クラミジアの体験談