カンジダの症状

青ざめた顔のナース

多くの女性が感染している、性器カンジダ症ですが実際に、症状が発生した場合には、どうなってしまうのでしょうか?まず、性器カンジダになった場合の最大の特徴は、その痒みです。居ても立ってもいられないという表現がピッタリと言える程の、強く激しい痒みに襲われるようになります。更に、おりものもヨーグルトやカッテージチーズ状になるだけでなく、その量も増えます。

また、痒みを我慢できずにかいてしまえば、かいた場所が炎症を起こして痛みを発生させるという事もあります。男性の場合も同様に、強い痒みがでます。また、亀頭包皮炎を併発することも多いです。亀頭包皮炎を併発する事によって、痒みだけでなくお風呂でしみたり、トイレの際もしみたりします。その上、見た目も非常に悪くなってしまいます。

ですから、性器カンジダ症が発症した場合には、速やかな治療を行うようにしましょう。

症状がでてから、性器を清潔に保ったとしても症状が改善するというようなことはまずありませんし、逆に症状が悪化するケースもあります。

そのため、治療薬での治療が必要不可欠なのです。また、症状が治まってすぐに治療をストップするのではなく、その後も何日か継続して治療薬を服用する事が大切です。

フォルカン

フォルカン

カンジダや水虫症などの治療薬。フルコナゾールで真菌(カビ)の増殖を抑えます。

フォルカンを購入する

【カンジダの関連記事】

カンジダの症状

カンジダの感染経路

カンジダの潜伏期間

カンジダの検査

カンジダの予防方法

カンジダの治療方法と治療薬

カンジダの体験談