カンジダの潜伏期間

研究

数ある性感染症の中でも、性交渉を伴わずに発症することがあるのが性器カンジダ症です。

カンジダという真菌は人の体表に存在する常在菌の一種であるため、性交渉を全くしていないという人でも発症するのです。常に人の体表に原因となるカンジダが存在しているため、潜伏期間と言うのはあってないような物となっています。

常に自分の体調などに気を配り、健康状態を維持することによってずっと潜伏させた状態にすることも不可能ではありません。とはいえ、体調不良になることは健康に気をつけていてもあるので、その場合にカンジダが発症したら、すぐに対応しましょう。

性器カンジダ症になって治療をし、治ったとしても免疫力などの低下によって再び発症してしまうというようなケースも珍しくありません。

基本的には人の免疫力で異常な菌の増殖を抑える事が可能なため、カンジダになってもあまり深く考えすぎないことが大切です。

悩みが大きくなってしまえば、それが精神的なストレスとなってストレスが原因で免疫力が低下して、発症するというようなケースもあるので、深く考え過ぎない事も重要なのです。

フォルカン

フォルカン

カンジダや水虫症などの治療薬。フルコナゾールで真菌(カビ)の増殖を抑えます。

フォルカンを購入する

【カンジダの関連記事】

カンジダの症状

カンジダの感染経路

カンジダの潜伏期間

カンジダの検査

カンジダの予防方法

カンジダの治療方法と治療薬

カンジダの体験談